2016年7月8日金曜日


今日、78日、一般社団法人東北測量設計協会ほかの協力で、本学土木建築工学科3年生に対する産学連携教育が行われた。八戸周辺の測量設計業4社が、技術者を派遣するとともに、最新の測量機器を持参し、学生を指導してくれた。
 

 
講義室内での説明を受けた後、早速、野外で実習を体験した。
3脚を地面にさして水平に置くのもテクニックがある。


  コンピュータなどのICT機能を取り込んだ測量機器で、新しい測量の世界を学習した。
指導してくれた技術者の中には、本学卒業生もおり先輩後輩の関係での指導風景も見られた。


 

 この産学連携教育は3年目。
本分野の人材不足、技術継承が課題となって、この活動が生まれている。
地域の産学が連携して地域の人材を育成している。

関係各位に感謝申し上げます。
 
「地球を測る世界」に関心がありましたら、土木建築工学科へ。
 
 

長谷川明 Akira HASEGAWA

八戸工業大学第10代学長。

青森県弘前市出身。教授、工学博士。専門は構造工学、橋梁工学など。

メールでフォロー

人気の投稿

アーカイブ

八戸工業大学. Powered by Blogger.

Copyright © Hachinohe Institute of Technology